結婚葬儀

函館聖ヨハネ教会
 ◆ホーム ◆お知らせ ◆礼拝 ◆修復 ◆オルガン ◆歴史 ◆Back

歴史



1873
キリスト教を禁止する高札が撤去される。
1874
5月、英国人のデニング司祭、函館に上陸。船見町に家を借りて生活開始。6月には、14
名の礼拝出席者の記録。函館聖公会のはじまり。
1878
元町55番地に最初の教会建設。当時の英国領事らが協力、礼拝出席200名の記録。宣
教師ジョン・バチェラー師が病気静養の為来函。
1879
函館大火で教会を失う。翌年8月には、元の場所に教会再建。
1889
英国教会の援助で、元町に女学校開設。
1896
初代北海道教区主教としてファイソン主教が函館に定住。
1898
医師コロバン博士夫妻、現在の新川小  学校付近にて医療活動を開始。
1900
東川町に講義所ができる。元町、曙町と市内3か所で日曜礼拝を守る。
1934
最後の大火発生。二千人以上の犠牲者。

松陰町に伝道所開設
1942
日本聖公会の法律上の解消に伴い名称が「函館聖ヨハネ教会」となる。
1943

この頃牧師は、スパイ容疑の嫌疑で、たびたび当局に出頭を命ぜられる。

1945
日本敗戦。10月、日本聖公会の復活が公示。
1979
11月、現在の聖堂が完成。
1980
パイプオルガン(西ドイツ・ヴェール社製)が設置される。
2004
北海道教区宣教130周年記念礼拝を挙行。9月台風18号により、聖堂の屋根、牧師館
が被災。
2006
新築した牧師館が函館市都市景観賞を受賞。
2011
東日本大震災。石垣修復必要となる。
2016
石垣修復工事完成。
2018
;外壁、階段、トイレの修復を行う。